学会発表(日本口腔インプラント学会) 12/12・13

『下顎臼歯部中間欠損におけるインプラント治療』について、学会発表を行いました。

FB_IMG_1449993205852

従来は「有床義歯やブリッジ」が選択されてきました。しかし患者さんによってはそれらが不適の場合もあり、今回患者さんの理解もありインプラント処置を選択し、経過を学会発表しました。

1449993026553

『インプラント装着後3ヶ月毎のメンテナンスで不具合は見られず、3年

11ヶ月良好に経過している。また、審美的・機能的にも安定して患者さんも満足感を得られている。』

との報告をいたしました。

 

※インプラント治療は検査とそれを基にした治療計画(手術を含む)、そして患者様の理解があってはじめて治療が開始されます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。