歯周治療

歯周病と歯周ポケット

歯周病は、歯肉や歯槽骨など歯を支えている組織(歯周組織)に起こる病気です。

●歯肉炎・・・歯肉に炎症が起きた状態

●歯周炎・・・炎症が原因で、歯槽骨など歯を支えている組織全体まで崩れてしまった状態

歯周組織の一番外側を歯肉といい、歯と歯肉との間には通常1mm程度のすきまがあります。
歯肉に炎症が起こると歯と歯肉のすきまが深くなり「歯周ポケット」ができます。炎症がひどくなると歯周ポケットもどんどん深くなり、歯根部分では骨と歯を結んでいるコラーゲン繊維が破壊されていきます。

炎症は歯と歯肉に付くプラーク(バイオフィルム)を私たちの免疫機能により排除しようとして起こりますが、その結果として自らの歯周組織を破壊してしまうことになるのです。

<歯周病の進行>
歯周病が進行することで顎の骨が痩せてしまい、しっかりと歯を支えることができなくなります。骨が少なくなるに伴い、歯ぐきも下がり歯周病が進行していきます。

<歯周組織の破壊>
歯周病が進行することにより顎の骨と歯ぐきが少なくなり、歯をしっかりと支えることができなくなります。歯周病が進行すると支えを失った歯が抜けてしまいます。

歯周病と因子

歯周病は、人によって「かかりやすさ」に個人差があります。

●遺伝的因子・・・免疫反応による歯肉炎の引き起こしやすさの違い

●環境因子・・・喫煙などの生活習慣による違い

歯周病の発症に関わる大きな因子は細菌ですが、歯周炎を左右する因子は細菌の量ではなく、個々の方の遺伝的・環境的なことによります。

歯周病と環境因子

歯周病の重大なリスクは「喫煙」と「糖尿病」です。
喫煙によって、口中の免疫力が低下し、更に血流も悪くなるので、歯周病に対する抵抗力が落ちてしまうとともに、治療の成果が上がりにくくなります。

また糖尿病では、歯肉への栄養供給や修復機能が低下します。さらに糖尿病の進行により白血球の機能が低下すると歯肉の防御力が低下し歯周病が悪化しやすくなります。

歯周病の予防・治療

バイオフィルムとはさまざまな細菌が集まって形成された強固な構造体で、一般的には「プラーク」と呼ばれています。
プラーク内の細菌は相互に依存しながら口中に繁殖していくので、歯周病治療の基本は有害な細菌が繁殖する条件を壊し、病原性のあるプラークを除去することが必要となります。

  • セルフケア(歯ブラシ、歯間ブラシ、歯間フロス、洗口剤、など)
  • プロフェッショナルケア(スケーリング、SRP、歯周外科、PMTC(メインテナンス)、など)
スケーリング(超音波)

超音波振動を利用した機器を使用することにより、がんこな歯石を効率よく除去します。

スケーリング(ハンド)

スケーリングは歯石などの歯面の汚れをスケーラーという器具で取り除く治療です。定期的に行うことで歯を健康な状態に保つことができます。

SRP(スケーリングルートプレーニング)

歯周ポケットの深い部分の歯石を専用の器具を使って除去し、歯面を滑らかにして歯石の再付着を少なくします。

歯周病の予防・治療

歯周病が初期の場合は、歯周ポケットのなかに溜まっている歯石を取り除くことで効果があがりますが、重度の場合は外科的な対応が必要となります。
主に不良な組織を切り取る方法ですが、症状によってその程度が変わります。

歯周病を治す新しい治療法(歯周組織の再生療法)

GTR法

骨が吸収された部分に特殊な膜を貼付け、歯周組織の再生を促す。 自分の生体再生能力を利用する新治療法「GTR法」 歯周病で破壊された歯の支持組織(線維組織や骨)は、その原因を除去すれば再生しようとします。 しかし患部を清掃したあとに何もせず、そのまま治癒を待つと必要な支持組織が再生する前に別の軟組織がそこに入り込んでしまい、うまくいきません。そこでポケットの内部を清掃した後に「メンブレン(GTR法専用に開発された医療用具)」を設置し、外から不要な組織が侵入しないように防御します。そうするとメンブレンの下には歯の支持組織が再生を始め、ゆっくりと成長していきます。

エムドゲインゲル

顎の骨が少なくなったところに特別なゲルを注入し、少なくなった骨を再生させる術式です。歯周組織再生誘導材料を塗布し、歯の発生過程と似た環境を再現することで組織再生を促します。

エアフローマスター

<歯面清掃用装置>

歯の表面やインプラントの表面についた汚れを
歯やインプラントを傷つけずに取り除くことが
できる唯一の製品です。

Click here to add your own text